オアフ島 ハワイ島 沖縄リゾート

[ロイヤルカイラ ウェディング] ハワイウェディング・ハワイ挙式・ウェディングフォト

簡単見積もりシミュレーション オアフ島ウェディング ハワイ島ウェディングはこちら

日本国内の受付電話番号(受付時間11:00~17:30)
050-58 07-36 41

ハワイウェディング情報

トップページ > ハワイウェディング情報 > ハワイ挙式費用・事情

ハワイ挙式費用・事情

日本での婚礼に比べてリーズナブルな費用で挙式ができるのが、ハワイウェディングの魅力。となると、実際にどのくらいの費用がかかるのか、誰もが気になるはずです。
ハワイ挙式とひと口に言っても、式場や同行する人数によっても料金は違ってきます。それを大きくわけると、「1、挙式費用」「2、ウェディングパーティー費用」「3、新婚旅行費用」の3つに。この中で、ウェディングパーティーと旅行の内容しだいで費用が大きく変ってくると考えれば、わかりやすいのではないでしょうか。
また、基本となる挙式プランにどこまでのものが含まれているのか、その詳細によっても費用は変わってきます。その上では単にパックプランの料金だけを見て高い・安いと判断するのではなく、内容の詳細までをきちんと確認・把握するようにしましょう。安いプランに飛びついたは良いけれど、実際は多くのオプションが必要になって「結果として高くついてしまった…」なんて失敗がないように注意が必要です。
カップルの平均的なハワイでの挙式費用は、150〜200万円くらいが相場と言われます。ここでは、そんなハワイ挙式の詳しい内容を具体例を挙げて見ていきましょう。

挙式費用

ハワイで挙式をするにあたり、必要最低限のものを「挙式費用」として挙げてみます。挙式をする教会や会場によっても異なりますが、費用の相場としては20〜70万円程度でしょうか。この中には、教会・会場使用料、牧師謝礼、結婚証明書の料金、介添料、ヘアメイクや小物、ブーケの代金、音楽、送迎費用などが含まれているものがほとんどです。旅行会社や海外挙式の手配会社のプランによっても様々ですから、事前に詳細を確認しておきましょう。

衣装代

海外挙式の手配会社や旅行会社の挙式パックの中に、新郎新婦の衣装代が含まれている場合もありますが、含まれていない場合には衣装代として20〜50万円程度が必要です。新婦のドレスについては、現地でレンタルすることもあれば国内で購入して持ち込むこともできます。新郎のタキシードについては国内で事前に選んでおいたものを現地でレンタルすることが多いようです。

アルバム・DVD撮影費用

ハワイ挙式を選ぶカップルの多くは、「ハワイならではの美しい景色やロケーションを活かした写真を撮りたい!」と思われている方がほとんど。そのため、プロのカメラマンに依頼してビーチや教会などでロケーション撮影を行います。アルバムの質にこだわったり、CDやDVDに記録を残したりする人も多く、費用の相場は15万円〜30万円程度です。

ウェディングパーティー費用

挙式会場や教会の近く、ホテルのレストランなどでお披露目のためのウェディングパーティーを行うカップルが多く、出席者の平均は10名程度が一般的です。招待人数によっても変わりますが、1名につき1〜1.5万円くらいかかると考えると良いでしょう。

旅費+滞在費

旅行会社や海外挙式手配会社の挙式パックを利用されるカップルがほとんどのようです。ハネムーンを兼ねて7〜8日間の日程を組む方も多く、1人20〜50万円程度の予算が相場のようですが、旅行時期やホテルのランクなどによっても大きく異なります。

ブライダルエステ

ハワイならではのスパやエステ、ロミロミマッサージなどを受ける新婦さんも多いようです。内容によって差がありますが、5〜20万円くらいを考えておけば良いでしょう。

その他

新郎新婦2人きりで、ハワイで挙式をする場合もありますが、8割以上のカップルに同行者がいます。そのうち、同行者の旅費をも負担するカップルが約半数を占めているようです。同行者の旅費は50〜100万円ぐらいが平均。また、同行者の旅費の負担がない場合には、ご祝儀をいただかないのが一般的な形です。その他の費用としては、ショッピング代やお土産の費用などに、20〜30万円くらいを予算として考える方が多いようです。

おすすめギャラリー

海外ウェディング、リゾート婚の渡航先としても大人気なハワイ。美しい景色やハワイならではのロケーションを活かしたハワイ・リゾートウェディングに注目が集まっています。日本と同じような手厚いサービスを受けられるのに、日本よりリーズナブルな価格で結婚式が挙げられることも大きな魅力。また、ハワイは他のリゾート地に比べて、教会やチャペル、式場の数が圧倒的に多く、ほとんどの式場で日本語が通じるので安心です。また、ハワイウェディングを選んだカップルの多くは、「両家の絆が深まった」と感じているようです。挙式やハネムーンだけでなく、親孝行を兼ねた海外旅行が楽しめる点もハワイウェディングが選ばれる理由の一つとなっています。また、日本で行う挙式や披露宴の煩わしさを避けてアットホームなハワイウェディングを望む方も多いようです。

ハワイならではのビーチウェディング

せっかくハワイで挙式をするなら、「日本では経験できないようなウェディングにしたい!」と、誰もが思うもの。そんなハワイウェディングの中でも、まず頭に浮かぶのが「ビーチウェディング」ではないでしょうか。透き通る海と風薫る青空をバックに、真っ白な砂浜で永遠の愛を誓う…まさに映画のワンシーンのような心に残るウェディングになることは間違いありません。ロンドンオリンピックで女子バドミントンの元代表として活躍された潮田玲子さんは、2013年の初めにサッカー選手の増嶋竜也さんとハワイウェディングを挙げられました。ビーチで挙式をした後は、そのままビーチでバーベキューパーティー!披露宴の代わりにバーベキューパーティーとは、いかにもハワイらしい素敵な演出ですね。

女性の憧れ、チャペルウェディング

日本人には、教会はあまり馴染みのないもの。チャペルと教会の違いをご存じない方も多いのではないでしょうか。まず「教会」は、公的な場で信者が礼拝を行う宗教施設。ただハワイの教会では、新郎新婦の信仰の有無や宗派に関係なく、挙式ができるところも多いようです。歴史のある由緒正しいハワイの教会では、アットホームかつ神聖で厳かな式が挙げられるのが大きな魅力です。一方の「チャペル」はもともと結婚式やセレモニーを行う目的で建てられた、私的な教会形式の結婚式場のこと。日本のウェディング関連企業が建設したものも多いため、日本人好みのきめ細やかなサービスが期待出来ます。そのため、教会と比べてチャペルの方が自由度はより高く、理想のウェディングができる可能性も大といえるかもしれません。最近では、バンケットルームやガーデンが併設されているチャペルも多く、挙式とお披露目パーティーを同時に行えるメリットもあります。プロ野球・楽天の田中将大選手とタレントの里田まいさん、お笑い芸人「品川庄司」の庄司智春さんと藤本美貴さんのカップルが、オーシャンビューのチャペルで挙式をしたことは有名です。

ひと味ちがうハウスウェディング

最近、注目が集まっているのが「ハウスウェディング」。「邸宅ウェディング」とも呼ばれていて、素敵な一軒家の邸宅を貸し切り、挙式やレセプションパーティーを行う方が増えています。最大の魅力はアットホームかつプライベート感に溢れた雰囲気。両家の親族や親しい友人と素晴らしいひと時が過ごせるはずです。挙式やパーティーだけでなく、そのまま邸宅にステイできるプランもあるのも魅力的。目の前に広がるビーチやプールのあるガーデンで、セレブ気分に浸ってみるのも良さそうですね。2011年にハワイのチャペルで挙式をされたタレントの小倉優子さんも、挙式後にハウスウェディングでお披露目パーティーをされたのだとか。

格式あるリゾートホテルウェディング

ハワイウェディングの中でも、不動の人気を誇るホテルウェディング。一番の魅力は、ホテル内で挙式からお披露目パーティーまでの全てを移動なしで執り行えることでしょう。また、新郎新婦をはじめ列席者の宗教や宗派を問わないことも、人気の理由。また、目的や予算に合わせて、バリエーション豊富なプランの中から選べるのも嬉しいですね。2013年に、俳優の小栗旬さんと山田優さんが挙式・披露宴を行ったのが、ラナイ島にある高級リゾートホテル。女性雑誌に、お二人の幸せそうな写真が掲載されたことでも、話題になりました。また、タレントの優木まおみさんはヘアメークアーティストの男性とハワイ島のホテルで挙式。ホテル内のビーチでセレモニーをした後、ガーデンパーティーで多くの祝福を受けました。

ロイヤルカイラ挙式までの流れ ビーチフォトプラン ビーチウェディングフォトギャラリー ビーチフォトギャラリー カジュアルフォトギャラリー 各プランに含まれるサービス
ドレス&タキシード 撮影・アルバム ヘアメイク ブーケ リムジン レセプション ハワイの教会をご紹介 他社で挙式をされた方はこちら
来店予約 国内事前試着 オリジナルジュエリー

2017/7/20

ドリーム挙式

2017/7/20

サングラス

2017/7/20

Banan

2017/7/19

夕陽が沈んだあとは…

2017/7/19

Aulani!!

無料メールマガジン ハワイウェディング情報 ハワイ情報

Copyright © Royal Kaila Wedding. All Rights Reserved.