オアフ島 ハワイ島 沖縄リゾート 沖縄結婚式

子どものケアに関するハワイ州の法律について[ハワイ結婚式・ウェディングのロイヤルカイラ]

子どものケアに関するハワイ州の法律について 子どものケアに関するハワイ州の法律について

ハワイで結婚式・ハワイ挙式・フォトウェディング/ロイヤルカイラウェディング【公式】

tel.050-58 07-36 41 日本国内の受付電話番号(受付時間11:00~17:30) 簡単見積もりシミュレーション 簡単見積もり
シミュレーション
サロンご予約 サロンご予約
(完全予約制)
電話でのお問い合わせ 電話での
お問い合わせ
11:00~17:30

head_menu

> > > 子どものケアに関するハワイ州の法律について

Law in Hawaii子どものケアに関するハワイ州の法律について

子どものケアに関するハワイ州の法律について

ハワイ州の法律

ハワイでの楽しい時間を過ごすためには、ハワイの様々なルールを知っておく必要があります。日本では普段していることが実はハワイでは法律違反だった、という事もあるかもしれません。『郷に入っては郷に従え』ですね。ハワイの法律についてよく学んだ上でハワイを楽しみましょう。

未成年者の福利を危険にさらした罪

簡単に説明すると「12歳以下の子供を13歳以上の保護者なしで放置して危険な状態にさらすと親権者や保護者が罪に問われ逮捕される」ということです。ハワイでは幼稚園や学校には必ず保護者の送迎(またはスクールバス)が必要となっており、帰宅後もベビーシッターやアフタースクール・ケアなどの学童のように大人の監視下にいないといけないとされています。

日本とは全く違う法律があるハワイですが、その法律やルールを知っているのと知らないのとではハワイでの過ごし方が異なってきます。有意義なハワイ時間を過ごすためにもハワイでの法律をよく確認し、ルールに従って過ごしましょう。

PAGE TOP
Copyright © Royal Kaila Wedding. All Rights Reserved.